スパイスそしてスパイス、複雑な辛さも手が止まらないカレー。京都二条、240(ニコヨン)

最近の記事を読んでもらっている方は分かると思いますが、毎回、挿絵といいますかアイキャッチ画像を描いておるんです。

私がリスペクトする画太郎先生風に描いていたのですが、身内には食欲が無くなる絵だと言われました。

まあ言われてみると、グルメ記事には合わない絵だと思い、今回から清潔感のある高橋留美子先生風に描いてみる事に。何か違う。

スパイシーな辛さでスプーンがジャンジャンすすむ

店内はライブのポスターやミュージシャンのステッカーが貼られており、ラップミュージックが流れております。


歌謡曲好きの私にはリズムが合わず、スプーン動作を乱されるのではないかと不安に。


メニューはこちら

2種類を選べる「あいがけカレー」をオーダー。

3種類選べる「3種の神器カレー」もあります。


チキンカレーとペッパー牛すじカレー

口に含んだ瞬間、スパイスの複雑な香りと味が口腔内を支配。

これは苦手なやつや!と思いきや、肉の旨味がギュッと詰まったカレーの味が追いかけてきて、スパイスと良い塩梅でコントロールされています。

もちろんスパイスは辛いのですが、水をガブガブ飲まなければいけない辛さではなく(もちろん個人差あります)、スプーンが次々すすむ心地良い辛さで、ペロリと平らげてしまいました。

また来ます!と言いたい所ですが、やはりお店の雰囲気が昭和な人間の私には、やや合わなかった所が残念です。

そんな事気にならんという方には、カレーは美味しいのでオススメのお店です^ ^

スポンサーリンク

240(ニコヨン)カレー


住所:京都府京都市上京区竹屋町下る聚楽町863-25 朝田ビル1F

TEL:075-821-8240

営業時間:11:00〜15:30(L.O15:00)
18:00〜24:00(L.O23:00)

定休日:なし twitterで確認

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.