バラエティ豊かな5種類のシロップを味わえるかき氷、二條若狭屋の彩雲

どーもー、だーやまです。

先日のモンブランかき氷に続き、京都かき氷ツアー第2弾!

今回は「二條若狭屋」の彩雲というかき氷。

さて、どんなかき氷なのでしょうか?

第2弾のリポートは、はるばる福知山からお越しのこの方にお願いします。

プロフィール

久保山マキ(48)福知山市出身。女優の久保田磨希によく間違われるが別人。福知山へのコンプレックス、京都市内への憧れが強い。無類のスイーツ好き。

 

それではお呼びしましょう。久保山さーん!

はい。福知山から山陰線に乗って来ました、あっ言うちゃった!久保山マキと申します。
かき氷のリポート頑張ります!
もう入っていいこ?

 

スポンサーリンク

色鮮やかで意外性のある5種のシロップを楽しむ


彩雲1400円

左から黒糖ミルク、べっこう飴、ピンクグレープ、キウイ、リンゴ

その日によって種類は変わるようです。何が出るかお楽しみ。

辛いと噂のジンジャーをトライしたかったのでちょっと残念。

 


どれからかけるか迷いますね~
普通に左から順番にかけて食べますね。

黒糖ミルクは想像内の安定した甘さ。

べっこう飴の捻りのない単に甘い感じが凄く良い。

ピンクグレープの酸味と苦味、ほのかな甘みが、かき氷にはNEWです!

キウイの甘酸っぱさは癖になる。人目を盗んで直に飲んだのは秘密。

リンゴは普通過ぎた。先の4つが良過ぎたのか普通。リンゴ酢くらいのインパクトが欲しがった(感覚おかしくなってる)

 

氷が溶けるのが早いのでサクサクかけて食べた方が良いですね。

 


混ざったシロップは氷を食べ終わった後のお楽しみ。底に残ったシロップ達のトドメの一撃!

シロップハリケーンを喰らい吹っ飛ぶ久保山

 


本当に楽しみすぎちゃった。シロップだけであれだけ美味しく、楽しめるなんて。

氷はもちろん雲のようにふっわふわ(最初だけね)

中にはカットフルーツが入っていたり、白玉をトッピングしたりと忙しい(良い意味で)

余ったシロップは下品だけど誰も見ていないあいだに飲んじゃった。ぐふふ

 

シンプルなかき氷を楽しみたい方はこちら

その他メニュー

ほうじ茶氷(1000円)

利休(1000円)

宇治金時(1200円)

黒みつ氷(1000円)

そら豆(950円)

賀茂トマト(1250円)

梅(950円)

レモンジンジャー(1000円)←今度トライ?

 

ニ條若狭屋 寺町店

住所:京都府京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67

Googleマップ:https://goo.gl/maps/sAEQYFP5mB62

TEL:075-256-2280

時間:9:00~18:00

定休日:水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.