NHK京都放送会館 烏丸御池 2月末移転

NHK京都放送局 烏丸御池に移転

image

NHK京都放送会館は、現在の二条城北側から烏丸御池の「明治安田生命ビル」の南側に移設します。

オープンは2月21日との事。

敷地面積は何と2264平方メートル!

坪にすると約600坪です。

烏丸御池の坪単価が約180万円のようですが、計算はやめときます(ー ー;)

因みにこの京都放送会館のホームページを見てみると

主たる番組というのは、「京いちにち」と「ぐるかん」だけ。

image image

どちらも1時間もない番組です。

これだけの放送しかしないのに、立派な建物必要ですかね⁉︎

国民からほぼ強制的に受信料を搾取し、平均年収1000万以上と言われる社員の給料を賄っておいて、さらにこんな豪華で立派なビルを建てるとは狂気の沙汰です!

ホームページでは放送意外に、「防災情報の発信」「府民の交流の場」「修学旅行生の受け入れ」など書いてますが、イマイチ具体性に欠けますし、莫大な資金を投じてしなくても出来る内容に思えます。

NHKを視聴している者でも腹立たしいのに、視聴していないのに受信料を払っている人はもっと腹立たしいはずです!

スポンサーリンク

 

ポチっとな

image

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

要するに、

ケータイのワンセグだって、受信を目的として使用しないのだから(通話・ネットが目的)、

テレビを、ゲームやDVD・youtubeなどを視聴する目的で使用すればこの限りではない。

= 契約する必要はない。

知恵袋より

う~ん・・・

受信契約の拒否は簡単なようですが、解約は「テレビを捨てる」などしないとなかなか難しいようですね~

上の理屈で「テレビが受信の目的では無くなった」と言って、NHKが承諾、受理してくれれば解約できそうですが(*_*)

 

何にせよこの京都放送会館が莫大な資金に見合うものなのかをチェックしていかなければいけません!

オープンしたら潜入レポします^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

上のバナー(ブログ村)をポチしてください(^^♪1日1回有効です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.