京都スタイルアイスコーヒーとは ブルーボトルコーヒー情報

どーもー、だーやまです。

遂に来た!ブルーボトルコーヒーが京都に来るのでデザイン描いてみた

ブルーボトルコーヒーの最新記事はこちら。

 

スポンサードリンク


京都スタイルアイスコーヒーとは

image

コーヒーショップ・ブルーボトルコーヒーが日本に敬意を評して付けたらしい。

image

画像はKyoto Coffeeという器具なんだそうです。

出来たコーヒーは、Kyoto Style Iced Coffeeとしてアイスコーヒーをガラスのコップに入れてくれます。

ダッチコーヒー(水出しコーヒー)のようですが、それのアイスが「京都スタイル」とアメリカでは呼ばれている?

そのアメリカのブルーボトルコーヒーがいよいよ日本進出だそうです。

このお店は日本のコーヒーのスタイルをアメリカで紹介して流行ったお店らしいです。

 

アイスコーヒーは日本発祥?

そもそもアイスコーヒーは日本発祥と言う説があります。

欧米では、アイスコーヒーを飲む事はなかったようですね。

日本には野菜などを水で冷やす文化があったり、水がキレイだった事などがキッカケでアイスコーヒーが出来たと言われています。

それが逆輸入的な感じで欧米に広がり、今では海外でもアイスコーヒーを飲むことが出来ます。

逸話ですが、海外のお店でのアイスコーヒーのメニュー化は日本人観光客がアイスコーヒーを注文した事がキッカケという話もあります。

 

さて、それがどうして「京都スタイル」になったのかです。

そのあたりが調べてみたのですが、確かなものが見つかりませんでした(°_°)

一部の情報では京都の「からふね屋」が関係しているとかないとか。

水出しコーヒー機がメイドイン京都という説もあるのですが、よく調べてみるとメイドインUSAが本当ぽいし、発祥はオランダでしょう。「ダッチコーヒー」ですもんね。

この辺りはまた分かり次第ということで^^;

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーとは

image

アメリカのサンフランシスコにある大人気のコーヒーチェーンです。

ガレージから始まったことで「コーヒー界のApple」と呼ばれているようです。

スタバなどとは一線を画し、マニュアル化や効率化せず、コーヒー一杯を丁寧に淹れるのがコンセプトで、その味わいのあるコーヒーは全米の話題になっています。

image

その話題の「ブルーボトルコーヒー」が日本初上陸します。

この流れなら京都かと思いきや、青山、代官山にオープンされるようです。残念!

 

人気が出れば京都にも必ずやってくるはずなので、チェーン店での丁寧に淹れられたこだわりのコーヒーを頂きたいですね。

そして夏には「京都スタイルアイスコーヒー」を是非飲んでみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.