「清水の舞台から飛び降りる」って本当に飛び降りた人が沢山いた

本当に清水の舞台から飛び降りた⁈

image

「清水の舞台から飛び降りる」って言葉は、思い切った行動をしたり、決断したりすることで使われますが、昔々本当に飛び降りた人達がいたようです(°_°)

行ったことある方は分かると思いますが、結構高いですよね。

清水寺の高さ

image

地上約12メートルあり、マンションやビルの4階くらいの高さがあります。

江戸時代にこの高さから234もの人が飛び降りたということです。

何のために?

悪いことしたの?

それとも思い詰めての事?

 

スポンサーリンク

飛び降りた人の生存率

清水寺の業務日誌みたいなものに記録が残っているようです。

生存率は意外や意外でなんと85%!

飛び降りた人の多くは10~20代の若者で約半数を占めているという事。

最年長は80歳、最年少は12歳。

何故そんなに生存率が高いのかというと、昔は舞台の下に沢山の木や草が生い茂っていたから。

飛び降りた理由

image

気になるのが、何で飛び降りたのか。

罪を問われて飛び降りさせられたとか、自ら身を投げるとかでは無いようです。

先ほどの業務日記に、その理由が書かれており、「病気が治ってほしい」「裕福になりたい」「時間がほしい」など、私たちが今でも仏様や神様にお願いするレベルの理由でした。

理由を知っているのなら、寺の人間は何故止めなかったのか。

もしかして推奨していたのか?

そこまでは分かりませんでした。

記録上は信者が勝手に飛び降りた事になっています。

そして明治5年に禁止令が出て、清水の舞台から飛び降りる人は減っていったようです。

 

何年か前に、泳いで川下りをする「キャニオニング」をした時に、10メートルの高さの岩から川に飛び込んだ事があります。

普通は足から着水せなアカンのに、私はお尻から着水して、全身に物凄い激痛が走ったのを思い出しました。

以上です。

 

参照:日経新聞

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています。お手数ですが上のバナー(ブログ村)をポチ願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.