カワイイ狛ネズミを祀る大豊神社

哲学の道近くの狛ネズミがいる神社

image

リッツカールトンの高額のモーニングを頂き、気分はすっかり高貴になった、平民のだーやまさん。

image

だーやま
しもに~しもに~

哲学の道のど真ん中を悠々と歩いていると

遣い
だーやま様。近くにカワイイ狛ネズミがいるようです。
だーやま
朕は無類のカワイイもの好きじゃ。そこへ案内せい
imageimageimage
遣い
いかがでしょう?
だーやま
うむ、なかなかの可愛さじゃ

この狛ネズミが祀られる逸話があるようなので、調べてまとめました。

 

スポンサーリンク

オオクニヌシの試練

昔むかし、オオクニヌシという男がおった。

オオクニヌシとは国造りを託された神様で、日本神話に登場する神様の1人です。

国造りに相応しい神様になるため様々な試練という名のイジメを受けました。

オオクニヌシはそれはもう超絶美男子でした。

もちろん色恋沙汰になるのは当たり前で、それが災いして妬みや恨みを買って、様々なイジメに遭います。

そして何度も死んでは蘇生されを繰り返します。

そんな数々の試練を乗り越え、オオクニヌシは神様となるのです。

狛ネズミが祀られるキッカケ

数々ある試練の話の一つです。

試練(イジメ)を与えたのはスサノオという男。

スサノオはオオクニヌシのカノジョのお父さん。

スサノオは娘を取られたので、めちゃくちゃ嫉妬します。

ある日、スサノオが野原の中に矢を打ち込み、オオクニヌシに、その矢を取ってくるように命じます。

当然、オオクニヌシは頭が上がりませんから従います。

オオクニヌシが矢を取りに向かったところ、スサノオは野原に火をつけて焼いてしまったのです!

image

火に囲まれたオオクニヌシ絶体絶命!

その窮地を救ったのは・・・

チャーチャチャチャーチャッチャー!

image

ネズミ参上!!

ネズミは地面に穴を掘り、そこからオオクニヌシを救出したのです。

おかげでオオクニヌシは無事矢を持ち帰ることが出来ました。

オオクニヌシは大変感謝し、ネズミを祀る事にしました。

めでたしめでたし。

大豊神社

住所:京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

TEL:075-771-1351

Googleマップ:https://goo.gl/maps/z2DTs

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています。お手数ですが上のバナー(ブログ村)をポチお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.