ビジュアルも味も斬新過ぎる!和食割烹「白川たむら」

どーもー、だーやまです。

ブログをサボっている間に日本酒に嵌ってしまいまして、嗜む程度ですが、ほぼ毎日飲んでおります。

最近体重が微増傾向にあるため、日本酒のせい?と思い、ポチっと調べてみるも、どうやら日本酒自体はカロリーが高くないようです。

ただ一つ気になったのは、冷酒は代謝を抑制するらしいので熱燗がオススメとの事。

あーそうだったのか!と冷酒派の私が燗に簡単に乗り換えられる訳ではないので、体重増加の原因は、運動不足・年齢による代謝の低下・間食という事にしておきます。

さてさて

桜が散り始めた、4月某日。祇園界隈は、週末とあってまだまだ観光客で賑わっております。

白川より少し北へ上ると、人が一気に少なくなり、たぬき橋の手前にひっそりとお店を構える「白川たむら」さんが今回のお店。

オーナーは京都吉兆本店、ミシュラン三ツ星で大阪のスペイン料理店「Fujiya1935」ともの凄い経歴の持ち主。

舌をペロッと出した女の子のお店ではありません。

スポンサーリンク

とにかく魅せます!見た目も味も緻密に計算された料理

スタッフがズラッとカウンター前に並び配膳する様は贅沢な感じがしますね。

それでは行きましょう!

先付


桜鯛、そら豆のおこわ
うすいエンドウのスープ
ビスキュイ


ラップを開くと良い香りの湯気がファーっと。

鯛、タコと豆の味が充分に染みております。


この変わったチューブに、うすいエンドウのスープが入っています。

チューチュー吸います。

 

かだいふを丸めた抹茶味の何か?←聴き取れず

卵様の茶碗には平貝などが入ったスフレ

お皿の上にポプリとグラノーラが美しく敷き詰められております。これは食べられません。

 

椀物


甘鯛、花団子などが入ったすまし仕立て


ウマー!旨いぞー!

これが吉兆の味なのでしょうか⁈

この出汁に浸かっていたい旨さ。

 

向付


パフェ仕立ての刺身

刺身はもちろんの旨いのですが、海苔のドレッシングが刺身と野菜にマッチでーす!

個人的には、もっとドバーッとかけたい所でしたが、量も計算されての、あの量なのでしょう。

旨いです。

焼物


五島列島一本釣りサワラ味噌焼き

皮はパリパリ、身は柔らかくホロホロで肉厚、味噌の香ばしさと甘さが何とも!

下品にも2口で食べました。

ご飯

釜揚げシラスと壬生菜のご飯

旨過ぎて、2杯ともかきこみました←またもや下品

デザート


赤ワインとイチゴのゼリー、パンナコッタ、シュークリーム、宇治のどこかの抹茶アイス←聴き取れず

これまた、豪華!

みんな大好き″ちょっとずつ沢山″

ドリンク無しでも、スッと食べてしまえるくらいの甘さです。

因みにコーヒーなどドリンクは付いておりません。

そこも計算されているのか?

見た目の派手さだけでなく味も文句なし

ビジュアル、食べ方、味、香り、雰囲気、五感全てにおいて楽しめました。

これだけのコース内容で5000円はリーズナブルでしょう。

オーナー、スタッフの方、皆さん気さくで話しやすいため、こういう雰囲気のお店に慣れない方でも安心して楽しめます。間違いないです。

一つ注文があるとすれば、クレジットカードは使えるようにしてほしいです^^;

日曜、祝日は子連れオッケー

ぐるなびでは第4日曜が子連れオッケーとありましたが、オーナーに聞くと、毎週日曜と祝日は子連れオッケーとの事。もちろん子供用メニューあり。

オーナーにも小さなお子様がおられるそうで子連れでも入れるお店にしたい気持ちがあるみたいですね。

子連れではこういった静かなお店には入りにくいため、日が限定されるとは言え、ウエルカムにして頂けるのは嬉しい限りです。


田村さん、ごちそうさまでした。

本当はもっと男前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.