期間限定公開の銅閣寺こと祇園閣。謎に包まれた銅閣寺について分かりやすく書きました。

どーもー、だーやまです。

皆さん、銅閣寺って知ってますか?
金閣寺・銀閣寺は、社会の授業を何となくでも聞いておれば誰もが知るお寺ですが、銅閣寺も存在したのです。

~閣寺ってそもそも通称ですから、あっても可笑しくないのですね。

金閣寺→鹿苑寺

銀閣寺→慈照寺

銅閣寺→祇園閣

 


「そもそも祇園閣ってどこよ」って方も多いですが、画像を見て「あ~!」ってなると思います。

円山公園やら高台寺辺りを歩いた事がある方なら目にしているはず。

祇園閣は大雲院という寺院の敷地内にありますが、ここは基本的に非公開なので入ることは出来ません。

そのためにあまり知られていないのかもしれませんね。

今回は銅閣寺こと祇園閣について書きましたので、興味のある方は読んで下さい。

 

スポンサーリンク

大雲院の歴史


まずは大雲院から。

本能寺の変の5年後、織田信長と信忠の菩薩を弔うために正親町天皇の勅命により烏丸二条あたりに建てられました。

信忠公の法名「大雲院殿三品羽林仙厳大居士」に因んで大雲院と名づけられたようです。

 


その後、豊臣秀吉の命により寺町四条に移されます。

それからさらにさらに時が経った昭和48年に祇園閣という場所(現在の場所)に大雲院が移されました。

さて、大雲院と祇園閣とはどういった関係かというと・・・

縁も所縁もないようです。

大雲院の移転先にたまたま祇園閣があっただけで、そのまま建物を活用しているだけの事。

 

祇園閣の歴史


元財閥の大倉喜八郎男爵という、二重まぶたクッキリの全然男爵ぽくない、このお方の別荘のために昭和3年に祇園閣が建てられました。

男爵は「わしは祇園祭をいつでも見たいし、皆に見せたい」と金持ち的な考えで、山鉾を模した祇園閣を建てました。

スポンサードリンク


銅閣寺と呼ばれた訳


当初男爵は、金閣、銀閣に次いで「わしは銅閣を建てたい」と有名な建築家に設計を依頼しました。

しかし男爵の依頼した内容は「傘が逆さまに開いたイメージで作ってくれ」という当時としては奇抜なアイデアを提案。


有名建築家は男爵のイメージがピンとこず、代わりに「祇園祭の鉾の形はどうでしょう?」と提案。

男爵は「よっしゃ!それにしよう!」とあっさり受諾、名前もそのまんまの「祇園閣」に。

逆さまの傘のイメージはどこへやら「祇園祭をいつでも見れる建物」という考えにシフトチェンジ。

しかし、それでもやっぱり「銅閣にしたい」という気持ちが残っていたのか、屋根は銅葺きにし一応納得しました。

そんな経緯を踏まえてか、いつしか巷では銅閣寺と呼ばれるようになっていました。

優しい誰かが、男爵のために「銅閣寺」と呼んであげた事で広まったのかもしれませんね。

 


大雲院の中には伝説の大泥棒「石川五右衛門」の墓があった!

何故ここに石川五右衛門が眠っているのか?

石川五右衛門の泥棒っぷりとは?

石川五右衛門の最期は?

 

伝説の大泥棒 石川五右衛門の逸話まとめ

お暇な方はこちらをご覧下さい↑

 

祇園閣(大雲院)

住所:京都市東山区祇園町南側594−1

TEL:075-531-5018

Googleマップ:https://goo.gl/maps/KL7jd

 

祇園閣の公開期間

毎年夏頃に公開になります。

2017年は7月8日〜9月30日までの約2ヶ月間。

撮影は基本NG!

今年は祇園閣からの眺望も撮影NGでした。

料金:大人600円 子供300円

公開時間:10時〜16時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.