それってほんま?京都人しか知らない『京都あるある』

どーもー、だーやまです。

京都市にに産まれ、京都市で育ち、京都市に住んで30年以上。

社会に出て他府県や京都府下の人達と出会う事が増えて「これって京都市だけなんや」って事が多々あります。

いわゆる『京都あるある』を私の独断と偏見も含め、ピックアップしていきます!

 

スポンサーリンク

京都あるある30選

1.京都で1番面白い人は森脇健児


普段、KBS京都しか観ない人もTBS感謝祭の赤坂マラソンは必ず視聴し涙します。

 

2.京都のタモさんと言えば田淵岩夫


『笑っていいとも』全盛期に唯一対抗できた番組『田淵岩夫の特ダネテレビ』

京都人らしい腹黒さが滲み出ています。

 

3.何故か市田ひろみが嫌い


嫌いというか不快。大阪の人やのに生粋の京都人のように振る舞うからでしょうか。

 

4.市内をスゴロクにして散策するロケが多い

碁盤の目になっている市内の中心街でサイコロを振り、出た目の通りを東西南北に進むロケ。地味に面白い。

 

5.車のBGMはKBSラジオ

午前中はAMのKBSラジオ、午後からFMに変えるパターンが多い。

 

6.大企業の本社が意外に多い

任天堂、京セラ、ワコール、島津、村田などなど。

 

7.とにかく弱い京都サンガ

大企業がスポンサーについておきながら弱すぎる京都サンガ。J2生活を満喫中。

 

8.現役のサンガの選手を知らない

ラモス、KAZU、松井大輔、パクチソン(韓国のレジェンド)、久保裕也(現日本代表)など、過去に有名な選手が沢山いました。

今は闘莉王くらいか?

 

9.冬の高校ラグビーを観ると、頭の中で麻倉未稀の『ヒーロー』が流れる


青春ラグビードラマ『スクールウォーズ』のテーマソング。京都の強豪校『伏見工業』をモデルにしています。通称「ふしこう」。もちろん柄は良くない。

 

10.生徒や選手を鼓舞する時は「悔しくないのか!」と言ってしまう


どんなスポーツでも監督やコーチは、この魔法の言葉を使います。

 

11.京都市以外は京都と認めない

京都あるあるの代表格

 

12.京都府下の人もそれを分かっている

市内に行く事を「京都行ってくるわ」

有名な話です。

 

13.山科区は京都市と認められていない

柄の悪さからでしょう。残念ながら。

 

14.八幡市はトレード交渉中

府内にも置いておけないという事で、大阪府の高槻市と金銭付きトレード交渉中(との噂)

 

15.京風と付くメニューはマズい&高い

偽りのない事実。

 

スポンサードリンク


16.八ツ橋よりも阿闍梨餅が好き


間違いない!

 

17.小学生の思い出は、みさきの家と花背山の家

同窓会で話題になるのは、修学旅行よりも何故かこっち。

 

18.ランドセルではなく、ランリュック


ランリュックの発祥は京都府向日町市。

開発秘話は超泣けます。

 

19.中学生のステイタスは心斎橋に行く事

アメリカ村では、カツアゲに合う確率が高いとの事で、皆、お札は靴に隠して向かいました。

 

20.京阪に乗らなくても、歴代『おけいはん』の動向が気になる

歴代おけいはん回顧録 その後の情報

気になる方はこちらをどうぞ↑

 

21.「〜しはる」「〜してはる」簡易敬語が自然と使える。

先生がくる→先生が来はる

先生から貰った→先生がくれはった

敬語にする問題で書くともちろんペケにされます。

 

22.『京女』を「きょうじょ」と学校名で読むのが京都人、「きょうおんな」と読むのが他所様

『京女』は京都女子大学の略。京女学生の通学路になる東山七条〜川端七条は『花の通り』と呼ばれている。

 

23.バブル時代の話と言えば、ベラミとマハラジャ

バブル時代を謳歌した人と酒を飲むと、高確率でこのワードが出ます。本当に行ったかは別の話。

 

24.京都南IC近くにディズニーランドがある


京都南インターを下りると、そこには煌びやかな大人のディズニーリゾートが!

 

25.1番有名なラブホは「と、いうわけで」


川端通にあります。立地の良さとネーミングセンスで京都ラブホテル界に不動の地位を築いています。

 

26.阪急大宮駅、西院駅は風が強い


薄毛の人にとって鬼門の地

 

27.イオンモール京都五条は通称「ダイハナ」

正式名称は『ダイヤモンドハナ』

週末の混雑っぷりといったら。

 

28.24時間テレビと言えば、やっぱり「かたつむり大作戦」

以前はKBS京都にもあったのよ。24時間のチャリティ番組。

 

29.アフロと言えば、ばんばひろふみ


中学校の音楽の時間で歌った『いちご白書をもう一度』は完全に先生の趣味。

 

30.ラジオパーソナリティーと言えばキヨピー、否、ばんばひろふみ


キヨピーこと谷口キヨコもかなりの人気ですが、やっぱり『ばんばん』かな。

京都で運転中に1人で笑っている人はだいたい、バンバンのラジオを聴いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.