誰が悪い?京都市バス「毎回こけますね」騒動の事実とは?

どーもー、だーやまです。

今回は(だーやまブログにしては)ちょっと真面目なお話。

先に結論から言うと「メディアって怖いな!」って事なのですが、事の経緯などを知りたいお暇な方は是非お付き合い下さいませ。

スポンサードリンク


「毎回こけますね」騒動でメディアが伝えた一面性

運行中の市バス車内で、歩行が困難な女性乗客が2度転倒し、起き上がれない状態だったにもかかわらず、男性運転手が救護などをせずにそのまま走行していたことが市交通局への取材で分かった。

同局は、女性からの苦情や車内のドライブレコーダーで運転手の対応が不適切だったことを認め、「厳正に対処する」としている。

市交通局によると、バス停から乗車した女性が発車直後に転倒した。

運転手は転倒に気付いたが、安全な場所に停車させて救護するといった対応をとらずに運転を続けた。

女性は次のバス停に停車した際、周囲の乗客に助けられて立ち上がったという。

女性降りるまでに再び転倒したが、運転手の対応は同様だった。

女性にけがはなかったが、運転手はけがを確認する言葉をかけず、降車時に「毎回こけますね」と述べたという。

女性が相談した上京署から連絡を受けた市交通局は、運行管理者を派遣して謝罪し、翌日以降、この運転手を乗務から外した。

京都新聞より一部抜粋

京都新聞以外のメディアも概ね同じ内容でした。

さて、この記事をお読みになって、皆さんはどう感じましたでしょうか?

 

スポンサーリンク

 


私の当初の勝手なイメージ

そのまま文字通りならば、京都市バスの運転手が転倒した客を救護せず暴言を浴びせた、という事になります。

しかし、このニュースが出た当初からこんな感想・意見がありました。

コメント
「毎回こけますね」の一言は余計だが、毎回の事で運転手も嫌になったのだろう。

 

コメント
運転手に同情の余地あり。

 

コメント
この記事を読む限り、女性によるただのクレームにしか感じない。

 

こぞって上記のような「運転手だけが悪くないのでは」という意見が殺到しました。

私は記事を見たすぐは「運転手は何て酷い奴だ!」と単純に思っていたのが、上記の意見を見て「やっぱそうやんな!」とクルリと手の平返し

 

ネット上に飛び出した新事実?

Twitter
この客結構有名で、バスの中では足が曲がっちゃってて歩くのもままならないみたいな感じやのに、バス降りたら普通に歩きだすんですよ

 

Twitter
私この人遭遇しました、ほんと悪質な人ですので誤解が広がって欲しくないですね!

 

Twitter
私が遭遇した時は、すぐに席を変わらなかったのが気に障ったようで少しして変わろうとすると助けは必要ないと叫んで強引に後部座席に座ろうとし転んで地面で寝転がり、周りの方と協力して起き上がらせ、バスを30分を近く止めたのに、自分の駅に着くとスタスタと歩いて行きました。

運転手さん本当に不憫

 


勝手なイメージアップ後の運転手さん

Twitterで「毎回こける女性」の正体をたれ込むコメントが飛び出すと、完全に流れが傾き始めます。

もちろん完全な同一人物かどうかも分かりませんし、もしかするとデマかもしれません。

しかし、複数の証言がある事、投稿者の過去ツイートを見る限り怪しくない事(かなり主観)から、投稿の信憑性は少なくともメディアよりは高いと判断しますよね。当然。

 


私はメディアとSNSに踊らされ、手の平グルングルンが止まらない!

スポンサードリンク


「毎回こけますね」騒動で言える事

運転手さんがどうであったか、コケた女性がどんな人なのか、真実は分かりませんし、それは受け取る側の自由やと思います。

 


でも言える事は、裏も取らず(取っていたならもっと悪質)一面的な部分しか見せないメディアは超怖いという事、ただそれだけ。SNSは逆に結構デマっぽい事あるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.