鳥獣戯画を書いた鳥羽僧正とは

鳥獣人物戯画から放屁合戦まで

image

今ちょっとした人気になっている「鳥獣人物戯画」

京都市右京区の高山寺に伝わる国宝の絵巻物です。

その「鳥獣人物戯画」を書いたかも?と言われる鳥羽僧正の逸話などを中心にまとめました。

鳥獣人物戯画とは

 

平安時代末期に書かれており、日本最古の漫画と呼ばれている。

現在の漫画にと手法が用いられる程のものだそうです。

全4巻からなり、カエルやウサギを擬人化した第1巻が有名ですね。

内容はその時代の世相を憂いた風刺画ですが、結構コミカルに書かれており、見ていて楽しい絵になっています。

長さ約10メートルの絵巻物に書かれています。

image

iPadを持っている方は、「鳥獣人物戯画」を見る事が出来るアプリがあるようなので、是非チェックしてみて下さい。

鳥羽僧正とは

本当に書いたかどうか定かではないのですが、可能性のある人物ということで、鳥羽僧正について調べました。

白川上皇や鳥羽上皇からかなり信頼が厚かったと言われる、お坊さんの中では大物中の大物。

僧正の人柄を表す逸話があります。

ある日、年老いた僧正に弟子が「財産分与はどうするのか?」と聞きました。

僧正は「腕力で財産を奪い合いなさい。」と皮肉たっぷりに言い、弟子を驚かせたということです。

僧正は笑いのセンスが抜群であり、またお坊さんでありながら、政治に対して批判的な考えや鋭い目も持っていました。

そのようなセンスの塊が作った?と言われるのが「鳥獣人物戯画」なのです。

スポンサーリンク

僧正が後世に残したもの

僧正が残したものは「鳥獣人物戯画」だけではありません。

もしかしたら「鳥獣人物戯画」よりも衝撃的かもしれません。

その名は「放屁合戦」

屁を衝撃波の様に放ち、色々な物を吹き飛ばし合って争う絵が描かれています。

これも風刺画のようですが、何を風刺していりのかは不明です。

「放屁合戦」はあまりの面白さの為か、江戸時代まで模倣され続けます。

実物は見つからなかったですが、受け継がれた絵は残っています。

その絵がこちら↓

imageimage

海外でも話題になる程の衝撃的な絵図ですね^^;

もっと面白いシーンが沢山あるのですが、写したらいけない物が写っているシーンが多いので、大丈夫そうなのを選んでます。

屁で猫や年寄りが飛ばされたり、皆の屁で嵐が起こったり、意味不明ですが笑えます。

もっと見たい方は「放屁合戦」で検索して下さい。

当然こちらは国宝ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.