本当か嘘かは別にして!坂本龍馬の逸話を面白く分かりやすく描いてみた。

どーもー、だーやまです。

11月15日は京都近江屋で龍馬が亡くなった日。

武田鉄矢以上に無類の坂本龍馬ファン(嘘)、だーやまが龍馬の逸話を楽しく書いて描きましたので、是非お読み下さい。

スポンサードリンク


龍馬が生きていた?


史実では、京都の近江屋で11月15日の夜、中岡慎太郎と会談中に何者かにより暗殺された龍馬。

しかし本物の龍馬は伊藤博文やトーマスグラバーらによって匿われ、海外に逃亡したという都市伝説並の逸話。

 


暗殺されたのは影武者で龍馬のコピー

有名な龍馬の写真も実は影武者とかいう噂も。

 

デカかった龍馬、でも・・・

龍馬の身長は一説によると、だいたい175センチだったようです。

今では普通かもしれませんが、当時の男性の平均が155センチ程度だったので、かなり大きかったと考えられます。

それ以上に驚きなのが、龍馬の姉『乙女』さん。

 


乙女さんは女性にも関わらず龍馬と同じ175センチあり、体重が何と115キロとかなりの巨体だったようです。

 

モテた龍馬の妻がとにかく凄かった!

最大9人の女性と関係を持ったとも言われる龍馬。一夜だけならもっといたでしょう

 


そんな色男を射止めたのが、妻のお龍さん。『龍馬伝』で演じた真木よう子さん風に描きました

真木よう子さんのBODYは勿論凄いですが、今回凄いのはホンモノのお龍さん!

 

かなり有名な話ですが、龍馬が寺田屋で襲撃をされた際、妻の『お龍』さんが機転を利かせた行動が凄かった。

当時幕府から指名手配中の龍馬は、寺田屋に宿泊中、大勢の役人達が宿を取り囲みます。

それにいち早く察知したのが、入浴中だったお龍さん。

突入してきた役人に、何と裸のまま飛び出し威嚇!

 


そして龍馬が居る2階に、何と裸のまま駆け上がります!

さらに何と裸のまま龍馬に危機的な状況を告げ、何とか龍馬が難を逃れる手助けをしました。これは結構ホンマらしい

スポンサードリンク


胆が座り過ぎている龍馬

指名手配中の龍馬はもちろん新撰組にも狙われていました。

新撰組と言えば、かなりの剣術の使い手達の集団であり、場合によっては浪士とみれば容赦なく切り捨てるため、浪人からはそれはそれは恐れられる存在でした。

 


龍馬は新撰組に見つかりそうになると、とじゃれあって「おれは浪士じゃないよ、普通の人だよ」アピールをしたとか。

そうする事により新撰組の殺気をかわし市街戦を回避したという話です。

 

現代に存在した坂本龍馬(クズ)

交際相手の女性から別れ話を告げられたことに腹を立て、「交際時の写真や映像をばらまくぞ」などと脅し、無理やり交際を続けさせようとしたとして、30歳の無職の男が強要未遂の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは東京・青梅市の無職、坂本龍馬容疑者(30)です。

2013年、実際にあったリベンジポルノ事件。

名前負けもええとこのクズですね。

 

(参考資料)

竹田徹夜  龍馬のピロートークから見る経済学  来夢来人社

坂本一生  筋肉八策  ベンチプレス社

あらぁきぃ  NICE BODYよう子 エロティズム社

2ちゃんねる

 

スポンサーリンク

寺田屋


住所:京都市伏見区南浜町263

Googleマップ:https://goo.gl/maps/MvGzvwCY8zP2

TEL:075-622-0252

営業時間:10時〜16時

定休日:月曜不定休

料金:一般400円、大高中学生300円、小人200円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.